前へ
次へ

遺品整理は個人的にもおこなえる

遺品整理をするときに個人的に遺族が対応するのは難しい感じもしますが、しっかり準備をすれば遺族が対応するのも可能です。
遺族が対応をする場合は、遺品を仕分けするための段ボール箱を用意する必要があり、これが最初の段階になります。
段ボール箱には種類別に仕分けをしていく必要があるので、段ボール箱自体に何を入れるのかをペンで書いておくと便利です。
段ボール箱を用意できたら、一旦種類別に仕分けを済ましてしまい、その後にどのように処理するのかを考えていくのが簡単な方法になります。
故人の衣類などは保管しても問題ありませんが、収納するスペースの確保が難しいケースは供養してから処分してしまって大丈夫です。
家具や家電は遺族の中で使用する人が存在するのであれば、その遺族の人に提供してしまうのが素敵な方法になります。
誰も故人の家具や家電を使用しない場合は、リサイクルショップなどで買取して貰うと賢く現金化することもできます。
現金化できれば遺族で簡単に分け合うことができますから、揉める可能性も低いです。

Page Top