前へ
次へ

遺品整理は誰がするべきなのか

遺品整理をするときに誰が対応すればいいのか、悩んでしまうことがあります。
基本的に故人の遺族が遺品整理の対応するのが普通ですが、故人に遺族が存在しないケースも存在します。
結婚をせずに独身の状態で高齢者になってしまうと、頼れる親類が存在しなくなってしまうケースがあり、そのような状態になると非常に悩ましいです。
亡くなった段階で親戚が存在しないのかを確認していくことになりますが、本当に親戚が全く居ないような状態になってしまうケースも存在します。
親族や親しい知り合いなどが存在しない状態で亡くなってしまうと、死亡地の自治体が火葬をおこなう可能性が高いです。
亡くなった遺体をそのまま放置しておく訳にはいかないので、仕方のない話になります。
身寄りがない人が賃貸住宅で亡くなった場合は、遺品整理をその物件のオーナーや不動産会社が対応しなければいけません。
遺族が存在しない状態で亡くなってしまうと遺品整理でややこしい状態になってしまいますから、そのような人は事前に周辺を整理しておいたほうが安全です。

Page Top