前へ
次へ

遺品整理士の資格取得と将来性

高齢化が指摘されている今日、遺品整理のニーズが高まっています。
亡くなった方の部屋を清掃し不要品を整理や処分などをすることが遺品整理です。
遺族がおこなうのが通常ですが、今日では遺品整理士にまかせる場合が増えています。
遺品整理士は遺品整理のプロと言えるでしょう。
これには一般社団法人遺品整理士認定協会が実施する講座を修了して課題を提出し合格することが必要です。
これで認定されます。
つまり、この資格に合格すると認定証書が発行され遺品整理士認定協会に加盟できます。
遺品整理士は遺族の依頼で、清掃から不要な遺品の処分や買取業者やリサイクル業者の手配を行います。
高額請求や不法投棄を行う業者との差別化ができ、遺族の信頼を得ることができます。
遺品整理士の資格は、通信講座等で遺品整理士養成講座を受講します。
これらで学習し、課題レポートを提出します。
講座の内容は、遺品整理に必要な知識や処理方法、廃棄物やリサイクル品の法規制なども含まれます。
合格認定がされるまで、おおむな2ヶ月とされています。
反社会勢力などに該当する方は認定されませんが、資格の必要性や将来性を考えれば、ぜひ取得したい資格と言えるでしょう。

Page Top